アコムの店頭窓口やむじんくんの営業時間は?

アコムでキャッシングの申し込みをする時に店頭窓口や無人契約機のむじんくんを利用する人が多いですが、営業時間があるので即日融資を受ける時は注意する必要があります。そこでアコムの店頭窓口や無人契約機のむじんくんの営業時間を確認していきましょう。

アコムの店頭窓口はスタッフがいるので申し込みをする時に分からない点があれば質問する事が出来ます。店頭窓口の営業時間は平日の9時30分から18時までとなっていて土日祝日は休みになっています。店頭窓口で申し込んで即日融資を受ける場合は平日のみとなってしまうので注意が必要です。

またむじんくんは8時から22時までとなっていて平日だけでなく土日祝日でも営業しています。土日祝日に即日融資を受けたい時はむじんくんで申し込みをしましょう。

消費者金融と銀行系カードローンの金利差

一般的に銀行系カードローンと消費者金融では、前者の方が金利面では安いというのは常識的なところだと思います。

両者の金利の差というのはおおよその範囲でスト、上限レベルですとおおよそ4%から6%くらいは平均して差があります。

場合によっては上限金利が50万円や100万円くらいでも金利差が6%から8%くらいさが付くようなケースもありますので、

少額レベルですとかなり大きな差になってしまうようなケースがあり得るというわけです。

下限金利については借入限度額の設定にもよりますが、こちらもおおよそ2~4%くらいは差があるといっていいでしょう。

それくらい、金利面では銀行と消費者金融では差があるといっていいでしょう。

14時を過ぎた即日融資はネットバンクへの振込キャッシングへ

できるだけ早く、その日の内にお金を借りたいと言うときには、振込キャッシングが最も早く借りられます。

文字通り自分の銀行口座に振り込んでくれるタイプのキャッシングで、契約したキャッシング会社や提携ATMに行かなくても、すぐに振り込んでもらえます。

ただし、銀行にお金を振り込むには、銀行の営業時間内に申し込む必要があり、申し込んだ時間が9時前なら営業が始まる9時まで振り込まれませんし、14時を過ぎれば翌営業日に回されてしまい、即日融資は出来ません。

キャッシング会社によっては、提携しているネットバンクなら、夜中であっても即座に振込を行っているところもあります。

昼過ぎに即お金を借りたくなった時に備えるには、ネットバンクと提携していて振込キャッシングを行っているキャッシング会社と契約して、提携しているネットバンクの講座を作っておくと良いでしょう。

大手銀行のカードローンとネット銀行のカードローンの比較

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、みずほ銀行カードローンなどの大手銀行のカードローンと楽天銀行スーパーローンなどのネット銀行のカードローンがありますが、どちらを利用すればいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこで大手銀行のカードローンとネット銀行のカードローンを比較していきましょう。

大手銀行のカードローンは申込方法によって即日融資に対応してくれる事があります。早くお金を借りたい時は大手銀行のカードローンを利用するのがオススメです。またネット銀行のカードローンは申込方法がネットのみとなっています。

それでパソコンやスマホで手続きを済ませたい人はネット銀行のカードローンを利用するのがオススメです。比較してみると早くお金を借りたい時は大手銀行のカードローン、便利に手続きをしたい時はネット銀行のカードローンという結論になります。

モビットのキャッシングのメリットとは

SMBCモビットは三井住友銀行系列の金融機関ということで安心と信頼感がありますし、同社のキャッシングサービスには数々のメリットがあります。

SMBCモビットのキャッシングのメリットについて確認していきましょう。

・即日融資に対応

インターネットや自動契約コーナーから申込みを行えば最短で即日契約・即日融資が可能です。

なお三井住友銀行に設置されているローン契約機からも申込みができるので、近所に三井住友銀行があるという場合には特にメリットが大きくなっています。

・在籍確認電話なしで契約できる

SMBCモビットのキャッシングはWeb完結で契約をすることで職場への在籍確認の電話を省略して契約ができます。

職場に電話が来ることに抵抗がある人でも気軽に申込みができます。