楽天ローンについて

楽天ローンはインターネット専業銀行である楽天銀行が運営するカードローンです。申込みはWEB申し込みのみとなり、楽天銀行の口座がない方でも申し込み可能です。WEB上で申し込みを行うと受付をした旨メールが配信されます。

早いと即日、遅くとも2営業日以内には審査結果がメールで返信されます。その後電話での在籍確認があった後電話で本人確認書類提出の案内があった後カードが返送される仕組みです。基本的にはパート、アルバイトの方でも申し込み可能で、審査基準もそれほど厳しくはありません。

ただ他社カードローンと比べると利用できるまでに時間がかかること、在籍確認があることがネックになります。時間に余裕がある方であれば利用価値のあるローンといえます。

電話連絡なしで借りたいときには大手消費者金融を選ぼう

お金の借り入れを行うときには、大体の皆さんが想像するのが電話連絡だと思います。

職場の連絡が来ると、ばれないように配慮するとはいえ、やっぱりばれないかどうかという点で緊張してしまいます。

そういった緊張をしたくないという方に都って申し込んでみてほしいと思うのが大手の消費者金融です。

大手の消費者金融のなかには、電話連絡を一切なしという風であっても審査に通過するというようなことを行っています。

もちろん、条件によっては電話連絡はないというようなこともありますが、条件さえ合えば利用可能です。

プロミス、アイフル、モビットといったところが電話連絡なしで借り入れ可能ですので、家族や職場によりばれにくい方法をというような時には

この方法を使ってみるといいでしょう。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い

銀行と大手の消費者金融は同じようにカードローンのサービスを提供しています。同じカードローンですが、両者のカードローンにはかなり大きな違いがあることを知っておきましょう。

銀行と消費者金融のカードローンのもっとも大きな違いはやはり総量規制の対象であるかどうかということになるでしょう。銀行は総量規制の対象外ですが、消費者金融は総量規制の対象となっています。つまり、銀行は貸付の限度額が法律による規制を受けていないのですが、消費者金融では法律によって年収の三分の一までという貸付の限度額がしっかりと設定されているということを意味しています。

このことから銀行カードローンの方が利用するのに適していると考えがちですが、審査の厳しさが銀行カードローンの方が消費者金融カードローンよりも厳しいことを考えると一概に銀行カードローンの方が有利であるとは言えません。

その他にも金利が銀行カードローンの方が低めの設定であることや無利息期間サービスは消費者金融カードローンに特有のサービスであることなどが違っていますが、銀行カードローンの審査に通るというならば、金利が低く総量規制の対象外である銀行カードローンの方を優先することが合理的でしょう。

お金を借りたいとき、新しいところでキャッシングを検討していいのか?

キャッシングをするときに、当たらにほかの消費者金融からお金を借りた方がいいのかと思うこともあるかもしれません。

現在使っているところでは、借入限度額いっぱいまで借りているとお金に困ったときには本当にどうにかしたくても難しいものです。

ですが、新たに借り入れをしなければならないのかというのはちょっと待ってほしいです。

なぜなら、借り入れ件数を増やすといろいろと大変だからです。

借り入れ件数があると、まずは管理面で面倒が多くなります。 複数業者の借り入れを管理しないといけませんから

情報管理の漏れがあったりすると延滞などのリスクもあるから面倒なのです。

また、複数の借り入れをすることで、より借金が増えますから債務整理のリスクなどの懸念もあります。

借り入れはできる限り新規にはせず、なるべく今使っているところで利用することをお勧めします。

おまとめローンをお得に利用するには

多重債務に陥った時、頭を悩ませる事といえば、月に何度も来る返済日です。そんな返済日を月に1日にまとめるだけでなく、月々の返済額も無理のない金額に変えていくことができるサービスが、おまとめローンです。おまとめローンを利用すれば、返済に関する悩みが軽減することになります。しかし、利用の仕方によっては損をしてしまうことがあるので、注意が必要です。

得をしたいのであれば、現在よりも金利が下がる業者を選ぶことが大切です。それによって、支払う利息が少なくなる可能性が出てきます。ただ、金利自体は低くても、今よりも長い期間をかけて返済をすることになれば、支払う利息が多くなる可能性があります。その為、少しでもお得におまとめローンを利用したいのであれば、最終的に支払う利息が少なくなるかどうかを確認しておくことが大切です。

そして、もう一つ確認しておきたいのが、手数料や保証料等の費用です。手数料や保証料がかかるかどうかは、業者によって異なります。かかってもほんの僅かという業者もあれば、借入金額によっては意外と高額な保証料が必要になる業者もあります。その為、お得におまとめローンを利用したいのであれば、手数料や保証料について、事前に確認しておくことが大切です。

三井住友銀行のローン契約機よりプロミスの自動契約機で申し込む方がいい2つの理由

スマホの普及によりプロミスもネットで申し込みをする事が出来るようになっていますが、キャッシングカードを発行してもらって早くお金を借りたい時はプロミスの自動契約か三井住友銀行のローン契約機で申し込む事になります。

どちらで申し込むかは自分で選択する事が出来ますが、実際に悩んでしまう人も少なくないでしょう。そこでプロミスの自動契約機と三井住友銀行のローン契約機のどちらで申し込む方がいいのか比較してみる事にしましょう。

プロミスの自動契約機と三井住友銀行のローン契約機は共に営業時間があります。プロミスの自動契約機の営業時間は9~22時までになっていて三井住友銀行のローン契約機の営業時間は9~21時までになっています。プロミスの自動契約機の方が1時間ほど営業時間が長いので仕事などで遅くなった時はプロミスの自動契約機で申し込む方がいいです。

プロミスの自動契約機は完全個室になっているので誰かに見られてしまう事はありませんしオペレーターとの会話が漏れてしまう事もありません。しかし三井住友銀行のローン契約機はパーテーションで仕切られているだけなのでオペレーターとの会話が漏れてしまう可能性があります。プライバシーを考えるとプロミスの自動契約機で申し込みをした方がいいです。