即日融資を行える金融業者は増えています

消費者金融ならば多くの会社で即日融資を受けられます。銀行カードローンであっても、即時審査に取り組む銀行が大手都市銀行を中心に広がっており、専用ローンカードの受け取り方法としてテレビ窓口が用意されている銀行ならば、即日融資も可能です。また、既存の銀行キャッシュカードをそのまま使うタイプであれば、即日審査に通過した段階で、即日融資も受けられるでしょう。大手消費者金融が設置している自動契約機コーナーだけでなく、審査スピードを早めて即日融資に取り組む金融業者が増えたことは、急いで借り入れを行いたい時の選択肢が増えたことを意味しています。

自動契約機やインターネット経由での即日審査が広がる中、店頭申込みについても見直されています。あまり広く知られていない方法として、信用金庫が行っている店頭申込みでは、保証会社として信用金庫同士が加盟して設立した保証組合を利用すれば、審査は窓口でリアルタイムに行われて便利です。信用金庫のカードローンでは、一度審査に落ちても審査資料を追加した再審査制度を利用可能となっています。信用金庫のカードローンは、利用できる条件が定められているので、少なくとも口座開設が必要となりますが、店頭申込にも力を入れてきています。

在籍確認のないセブン銀行カードローン

カードローンを申し込む時、一番困ることは職場への在籍確認の電話連絡です。もし借金が同僚や上司にばれたらと思うと、申込を躊躇してしまいます。そのような方は在籍確認の電話連絡のないカードローンを選べばいいのです。例えばセブン銀行カードローンなら、社員証や収入証明書を提出することなく、最初から在籍確認がありません。しかし問題がないわけではありません。なぜなら本当に働いているか調べない分、その他の項目でより慎重に審査を行うからです。つまり他のカードローンよりも審査がやや厳しいとの口コミがあるのです。

それは審査時間に現れています。セブン銀行カードローンの審査時間は最短10分です。10分でまともな審査なんてできるわけないと思われるかもしれませんが、逆に基準を高めに設定することにより、属性に不安のある方はすぐにふるいにかけられ落とされるわけです。またセブン銀行カードローンの限度額は50万円まで、金利も一律で年15%と、銀行カードローンとしては低スペックなので、慎重に貸し出していることが分かります。

このようにセブン銀行カードローンは、在籍確認の電話連絡がないことで有名なカードローンです。その分審査がやや厳しめで、融資限度額も低いのですが、セブン銀行のATMがいつでも手数料無料で使える利便性もあります。