今キャッシングは簡単にできるけど、返済の計画が大切。

引っ越す際の初期費用でお金を借りました。

貯金もなく、毎月ギリギリで、引っ越す際の費用がなかったのですが、事情があり、引っ越さなければならなかったので、カードローンで30万円程借りました。

その後も、月々の支払いに追われ、生活できなくなるとカードローン、キャッシングをして、なんとかギリギリで生活をしています。

助かったのは、本当にギリギリで生活費もなく、それでも支払いに追われて困ったときにキャッシングやカードローンだと簡単にできたので本当に助かりました。

ただ、当たり前ですがその分の支払いが翌月や翌々月に来るので、日々切り詰めて生活をしなくてはいけないですし、遊びに行くのも、必要な物を買うときですら躊躇してしまって、借金があるという後ろめたさが常にありました。

親や兄弟、誰にも借金があることは話せませんでした。

でも借金しないと生活できないほどの給料しかないので、仕方ないですね。

キャッシングもカードローンも利用せず生きていけるなら、それにこしたことはないと思います。

ただ、本当に困ったときだけ。本当に切羽詰まった時に少しだけ。その気持ちで利用するなら大丈夫だと思います。

ちゃんと返せる自信のない人は利用しない方がいいと思います。

スピーディに自動契約機でキャッシングの契約

対面でキャッシングを契約するのが不安がある、恥ずかしくて行けないという人はどうしたら良いでしょうか。ネットからもキャッシングの契約をすることはできますし、家にいる状態でキャッシングの申込みから借入まで全てを済ませることもできます。ですがが、時間帯によっては即日融資可能な業者でもその日に借入することはできません。

またキャッシング用のカードは後日自宅に郵送で届きますので、郵便物を受け取るのは避けたいという人には向いていません。できるだけ早くにキャッシングを利用したいけれど、窓口での契約はしたくないという人にはネット申込みよりも自動契約機の契約です。

まず近くにある自動契約機のある店舗に行く必要はありますが、画面に向かって手続きをするだけなので対面での契約が苦手だという人に向いています。審査に通過して無事契約ができたら、その場でキャッシング用のカードが発行されます。

そのままATMを利用してお金を借入できますので、申し込みから借入までの流れもスピーディです。自動契約機は営業時間も長いため、平日の仕事が終ったあとしか行くことができないという人でも契約することができます。銀行振り込みでの融資では15時以降の契約では早くても翌日以降しか借入できませんが、自動契約機なら15時過ぎに契約が終った場合でもその日のうちに借入できます。

キャッシングの返済は利息分だけでも問題ないのか?

キャッシングを考えている方の中には、借りたお金を一括で返済できない方が多くなります。例えば今月は少し生活費が足りない時などにはキャッシングを利用したくなりますが、この時に5万円借りた場合には返済日に5万円返せる方の方が珍しくなります。

なので通常は複数回に分けて返済していくのですが、この時にポイントになるのが利息になります。

基本的にキャッシングしたお金には利息をつけて返済するようになっていて、この利息分が消費者金融などの利益になります。したがって借りたお金には必ず利息が発生するのですが、一般的に返済と言う物は最低限利息だけを払えば次の返済日まで期日が伸びるようになっています。

なのでどうしてもお金に余裕がない場合には利息分だけでの返済でも問題ありませんし、むしろその方が消費者金融側のメリットが大きくなりますのである意味では歓迎される返済方法になります。

ただし、この利息分の返済と言う物はあくまでも一時しのぎになっています。と言うのも一般的な消費者金融などでは利息を上回る額の返済がされた時に元金が減るようになっています。したがって利息だけを返済し続けていると、いつまで経っても元金が減らないままになってしまいます。