キャッシングとの違いは分割返済の有無

借りる商品は、色々と種類があります。それで、たまに商品に関する混乱が生じる事もあるのです。

例えばキャッシングなどは、借りる商品の代表格と言えます。時には賃金業者などに着目する事もあるでしょう。

そのタイプの商品は、原則として一括払いになります。小刻みに返していく分割ではなく、翌月に一気に返していく商品になります。

ところで、それによく似た商品にカードローンがあります。どちらも借りる商品ですから、混同してしまう事もあるでしょう。

カード商品でも、一気に返す事は可能です。返済期間を大幅に短くできるメリットはありますが、あまり月額負担が大きいと困る事もあるでしょう。

カードでは小刻みに返していく事も可能なのです。返済トータル額が12万ならば、毎月1万ずつ返すといった具合です。もちろん毎月負担が少なければ、それだけ楽になる可能性はあるでしょう。

ただし小刻みに返していく事は、それだけ返済期間が短くなるデメリットはあります。長期化してしまうと、それだけ借りる時のトータル額が大きくなり、かえって負担が増大してしまう傾向があります。

当然それは望まない事でありません。それゆえに状況に応じて一気に返していく事が、カード商品のコツの1つになるでしょう。