総量規制対象外の銀行系カードローン

多重債務者や自己破産者を減らす目的で作られた総量規制という法ですが、この法ができたことによって年収の3分の1を超える借入が不可能となってしまいました。

おまとめローンを利用して、複数の業者に散らばっている借入を1社にまとめようとしても、おまとめローンの金額が年収の3分の1を超えていたり、年収を証明できる書類を持たない専業主婦などは借入が不可能となってしまったというわけななのです。

しかしこの総量規制の対象となるのは消費者金融からのキャッシングサービスなどであり、すべてのキャッシングサービスやカードローンが総量規制の対象となるわけではありません。

つまりキャッシングサービスやカードローンの申込先をきちんと確認しておくことで、年収の3分の1を超える借入も可能となりますし、専業主婦でも借り入れが可能となるのです。

総量規制対象外の対象であり、比較的申込がしやすいのがネット銀行系のカードローンになります。

例えば楽天銀行のカードローンやじぶん銀行のカードローンであれば、ネットで楽に申し込みができますし、最短で申込をした当日から借り入れをすることもできます。また借り換えやおまとめローンにも対応しているので、散らばった借入の一本化も比較的簡単にできるというわけなのです。

また楽天銀行のカードローンもじぶん銀行のカードローンも一定額以下の利用限度額で申し込みをすれば収入証明書の提出も不要になるという強みもあるので、多くの人におすすめできるカードローンと言えます。