キャッシングの限度額の考え方

お金を借りる際にとても気になる項目して「いくらかりられるのか?」という限度額の問題が1つにあると思います。

今必要な金額を満たすためには、その限度額の範囲にあるのか?足りない場合には何社に分けてかりなければいけないかなどを考慮しなければならなくなりますよね。

そのような限度額はどのように考えていけばよいでしょうか。

お金を借りるにあたって借り入れ審査がされます。借り入れ審査は申し込みの情報に基づいてなされます。ですので、借り入れ限度額はこの審査にかかる項目についてはしっかり情報開示すべきです。

次に、限度額をたくさん得たいならば、まずは銀行のカードローンから借り入れをすることです。手取り額20万円程度あれば100万円の枠が得られることが多いようです。このように限度額が多い分、借り入れのための審査は厳しくなります。同じ手取り額でも勤務先・勤続年数等で場合によっては融資がまったくおりないこともあります。

次に消費者金融からの借り入れです。審査は銀行のローンほど厳しくはないのですが、50万の枠を超えて借りることは最初の審査では大変難しいでしょう。他社の借り入れもあるような場合には、40万・30万と他社は信用情報を把握しながら下げてくるでしょう。

しかし、取引が1年以上続いて収入証明等を提出することで、返済能力について「信用がついた状態」になると、限度額の引き上げの案内が消費者金融から電話で営業されることが多くあるようです。