キャッシング審査の本人確認の基礎知識

キャッシングをする際審査では必ず本人確認というものを実施します。

これは最初申し込みの際に自己申告による個人情報と勤務先、他社の消費者金融などの借り入れ状況など伝えます。

これを元に融資が可能か審査を行いますが、必ず免許証や保険証、収入に関しては給料明細や源泉徴収票などを元に申告した情報が正しいかどうか照らし合わせをします。

これを本人確認の審査といいます。

その中に借り入れがしたいが為に勤務先を偽っていないどうか確かめるために消費者金融から勤務先に在籍確認と言って本当に勤務しているかどうか確かめる作業がほとんど場合あります。

借金をする事を会社に知られるのは誰しもが嫌なことと思いますが、消費者金融は電話をする際は会社名は名乗らず個人の名前で電話をしてくれますので、ほとんど場合会社に知られることはありません。

場合によっては給料明細などに会社名が記載されていれば、在籍確認がない場合も稀にありますが、申し込む際はこういった手順があることを念頭に置き申し込みをしてください。

消費者金融の与信審査の実態について

消費者金融業者が借り入れの申し込みを受けた場合、受付担当者が申込者の身分証明書や収入を証明する資料を拝見した後に、氏名、生年月日、住所、勤務先、自宅や携帯電話や職場の電話番号、他社の借り入れ状況など(以下「属性」と言います)を聴取しますが、与信審査は基本的にコンピュータが行います。

属性をコンピュータに打ち込めば申込者に対して貸付ができるか否か、また幾ら貸付ができるのかが速やかに判断できるようになっています。

貸付できるか否かは専ら属性で決まりますので借り入れ申込者の人柄などといったコンピュータが判断できない要素は特に問題視されていません。

貸金業者は原則として借り入れ申込者にお金を貸したいと思っています。当然ですが貸付しないと利息収入が得られないからです。

よって、住所があり(賃貸でも構いませんが持ち家の方が信用力が上がります)、定収入があり、著しい多重債務に陥っていなければ、余程問題がない限り貸してくれます。

電話連絡なしで借りたいときには大手消費者金融を選ぼう

お金の借り入れを行うときには、大体の皆さんが想像するのが電話連絡だと思います。

職場の連絡が来ると、ばれないように配慮するとはいえ、やっぱりばれないかどうかという点で緊張してしまいます。

そういった緊張をしたくないという方に都って申し込んでみてほしいと思うのが大手の消費者金融です。

大手の消費者金融のなかには、電話連絡を一切なしという風であっても審査に通過するというようなことを行っています。

もちろん、条件によっては電話連絡はないというようなこともありますが、条件さえ合えば利用可能です。

プロミス、アイフル、モビットといったところが電話連絡なしで借り入れ可能ですので、家族や職場によりばれにくい方法をというような時には

この方法を使ってみるといいでしょう。

キャッシングでは限度額いくらまで借りられる?

お金がなくて困っている時に役立つのが、業者からお金を借りられるキャッシング。

ですが当然いくらでも借りられるわけではなく、限度額というものが決められています。

まず総量規制という、法律で決められた限度額があります。

これは貸し付けた総額が、年収の1/3を超えてはいけないというものです。

例えば年収300万のAさんが金融会社Bに70万借りるのは大丈夫ですが、Bに追加で50万借りたり、別の金融会社Cから40万借りたりは出来ません。

この法律もあって、金融業界ではある程度顧客の情報が共有されています。

また、キャッシングが初めてだから総量規制も問題ないし、審査が通れば総量規制ギリギリまで借りられるかと言えばそうでもありません。

返済能力が充分ありそうだと判断されれば審査が通りますが、ちゃんと返済してくれるかという信用がないため、最初の限度額は低くなります。

大体の場合、その業者で最初に借りる際の限度額は10~20万程度で、それ以上借りたいなら増額申請が必要です。

それには当然信用が必要なので、増額申請が通るのは、限度額まで借りていたけど、返済はしっかり毎月行っている、という人だけになります。

そういった人なら審査が通れば限度額が上がりますが、それでもやはり一気に総量規制までとはいかず、数十万ずつ段階的に上がっていく形になります。

専業主婦が借りられる唯一のカードローン

主に消費者金融が加盟する日本貸金業協会によると、カードローン利用の男女比率は8対2で男性が多いです。つまり女性はたった2割しかいないことになります。これは消費者金融や信販会社のカードローンの利用者の統計だけに、専業主婦の方が借りられないためにこのような極端な数字になったと考えられます。

専業主婦は2010年の貸金業法改正以来、消費者金融や信販会社のカードローンを利用できなくなっているのです。大手消費者金融ではレディースキャッシングを用意していますが、利用できるのは働く女性に限られていることに御注意下さい。

専業主婦が唯一借りられるのは銀行カードローンです。配偶者の同意や収入証明書の提出は不要ですが、配偶者に収入があることが条件となります。ここで心配なことは、配偶者の働く職場へ在籍確認の電話があるのでは?ということです。答えはNOで、配偶者の働く職場へ在籍確認の電話をかける金融機関はありません。

その分融資限度額が10~30万円程度と低めに設定されます。もちろん申し込んだ本人へのスマホ等には、本人確認の電話は入ります。別に自宅の電話を登録しても構いませんが、配偶者にばれる可能性があるので本人のスマホにしておきましょう。

その際お金の使い道を聞かれることもありますが、パチンコに使う等とギャンブルに使うと答えなければ大丈夫です。素直に生活費の補填と答えればOKです。

幅広い層から利用されているキャッシング

銀行や消費者金融から提供されているキャッシングサービスを利用すると、私たちは自分の都合に合わせてお金を借りることができます。キャッシングで借りたお金には、住宅ローンやカーローンと違い、決まった使用目的は付けられていませなので私たちは借りたお金を自由に使うことができます。

キャッシングは自由に使えるお金の少ないひと達か主に使っているというイメージが強いそうですが、実際はそうでもないようです。あるアンケートによりますと、年収が1000万円以上もあるひと達のなかで30%以上の方がキャッシングの利用経験があるということです。

キャッシングは年収に関係なく幅広いひと達が利用しているサービスのようです。幅広いと言えば、消費者金融系のキャッシングサービスはアルバイトですとかパートタイムの仕事をされている主婦の方でも申し込みができます。キャッシングに申し込みをすると審査が行われますが、審査では申し込みをした方の返済能力が調査されることになります。

この調査によってアルバイトやパートタイムの仕事をされている方であっても、安定した収入があり返済能力があると審査されるとキャッシングの利用が認められることになります。キャッシングが幅広い層の人々から利用されているというのは、消費者金融系キャッシングの役割も大きいのだと思われます。

キャッシング金利と借り換えのタイミング

借り換えのタイミングはどのような時か、ということになればいま利用しているキャッシング金利よりも低い金利のキャッシングが可能であるときということになるでしょう。

金額が大きいキャッシングや返済期間の長いキャッシングでは総返済額は金利に大きな影響を受けますから、金利の低いキャッシングがあれば借り換えを検討するべきでしょう。借り換えのほうが有利になるとなれば、なるべく早い借り換えが自分を助けることになるのです。

ただし、金利が低いキャッシングがあることがすぐに借り換えへをつながるわけではありません。現状で利用しているキャッシングについて調べる必要はあります。その際に調べるのは、繰り上げ返済が可能であるかどうかと繰り上げ返済が可能であれば手数料がかかるのか、手数料がかかるのであればその手数料がどのくらいかかるのかです。

繰り上げ返済がNGというならばそもそも借り換えはできませんし、繰り上げ返済で手数料がたくさん必要であるならば借り換えの意味がなくなってしまいます。借り換えることで総返済額が減らなければ借り換えの意味はありません。そのことをしっかりと確認してから借り換えの実行をスタートしなければなりません。

キャッシングの申し込みで行われる本人確認

キャッシングでは、本人確認を行ってから融資をする決まりになっています。

考えればわかりますが、どこの誰だかわからない人にはお金を貸すことは怖くてできません。また、融資を行った後に返済してもらうことができるのかの確認も必要になるので、本人確認は必ず行うことになります。

確認する方法として、電話を会社に入れることで、本当に働いているのか確認していく方法が存在しています。この方法は在籍確認といって、働いている会社に直に電話がかかってきますが、金融業者名を名乗ることはないので安心です。

他にも、本人確認として審査に申し込みをおこなうときに、必要な書類を提出していくことになります。

運転免許や保険証などの書類を提出することで、確実に本人だと証明できることになり、審査にも通りやすくなるのです。キャッシングを利用したい事情を持っている人は、書類を用意しておくとよいでしょう。

これらの方法で本人確認を行っていくことになりますが、お金を借りたいからといって他人の運転免許や保険証を借りる行為はやめるようにしましょう。他人の名義でお金を借りようと思っても、審査には通りにくくなりますし、トラブルを誘発するだけになってしまいます。

年齢制限は貸付条件以外にもある!

キャッシングローンに於いて、貸付条件となるのは『安定した収入があること』として年齢が融資基準に該当するかです。基本的に融資対象になる最低年齢は20歳以上ですが、上限年齢は60歳、65歳、68歳など銀行や消費者金融によりそれぞれ異なります。

そのため、契約する際に自分自身の年齢に合ったキャッシングローンを選択しますが、貸付条件以外に注意する年齢制限があります。それは、完済年齢というものが設定されているケースがあり、満70歳までに完済する必要が設けられていることです。

この場合、60歳を超えてからの借り入れは、返済期間が自動的に短くなってしまうだけでなく、毎月の返済額も高額になってしまうということです。そのため、定年や退職により収入が無くなり、返済だけになってしまうと老後破産といった事態に至ってしまいます。

特に年金受給により返済出来ると思いがちですが、毎月受給を受けられる訳ではないため、定年を迎えてからの借り入れを行う場合、完済時の年齢に注意する必要があります。特に借入額が少額となるカードローンの場合、返済を先延ばしにするのではなく、余裕のある時に完済してしまうことが非常に重要となります。

高齢者でも借り入れが可能ではあるものの、返済に充てられる現金の目途が付かない場合、キャッシング契約を控えることが大切です。もし、どうしても現金が必要という場合は、生活福祉資金貸付制度により高齢者世帯(65歳の高齢者が属する)で低金利または無利子で借り入れが出来る可能性があります。

おまとめローンの利用についての鉄則

おまとめローンは相対的に他のキャッシングやカードローンと比べてみても審査が厳しくなっていると言われています。それだけ利用については敷居が高いということになりますが、審査に通ることができればそれだけのメリットがあるということにほかなりません。

しかし、おまとめローンの利用で一つだけ絶対にしてはいけないのは月々の返済額を大きく減額することです。月々の返済額を減額すれば月々の返済は確かに楽になるかもしれませんが、返済が長期に渡ることになり、総返済額が増えてしまう可能性があるからです。

おまとめローンの利用時には金利は低くなっているはずですが、その金利が低くなるというこの上ないメリットを返済の長期化ということで総返済額が増えてしまうというデメリットに変化しかねないのです。

支払いできないくらいの月々の返済額にする必要はありませんが、せっかくおまとめローンを利用することができるのですから、完済を目指すためにはあまり月々の返済額の減少をするべきではありません。早く返済を済ませてしまうということは総返済額が大幅に減るということですから結局は自分を助けるということにつながることをしっかりと考えるべきでしょう。