アコムのビジネスサポートカードローンの情報

アコムのビジネスサポートカードローンというローンは借りたお金を事業性資金として利用することができ、個人事業主が資金調達をするのに大変便利なサービスです。同カードローンサービスの情報について確認していきましょう。

まず金利と利用限度額ですが、2018年2月15日時点で実質年率は12.0%から18.0%、利用限度額が1万円から300万円までとなっています。但し利用限度額が100万円以上の契約であれば実質年率は12.0%から15.0%となるのでお得に資金調達をしたいのであれば利用限度額を100万円以上として申込みをするのがおすすめです。

またビジネスサポートカードローンは最短で即日借り入れに対応しているので、急いで資金調達をしたい場合にも便利なカードローンといえます。

みずほ銀行カードローンを利用する時に収入証明書の提出が必要な場合は?

みずほ銀行カードローンは上限金利が14%、限度額が最大で1000万円で設定されているので金利を重視する人や多額の借り入れをする人に向いている銀行カードローンです。銀行カードローンの中でも評判が高いですが、収入証明書を提出しなければいけなくなる場合もあるのでどのような時に必要なのか確認していきましょう。

・借入希望額が200万円以上

みずほ銀行カードローンでは借入希望額が200万円以上になると多額の借り入れをすると判断されます。多額の借り入れをする時は収入面がしっかりしている事を確認する必要があるので収入証明書の提出が必要になります。

・自営業の人

自営業で働いている人は月々の収入が大きく異なってくる事が多いのでしっかり確認しなければいけません。それで自営業の人は少額の借り入れをする時でも収入証明書の提出が必要になります。

アコムのビジネスサポートカードローンとは

アコムではスタンダードなカードローンの取扱に加えて、借りたお金を事業性資金として活用できるビジネスサポートカードローンというカードローン商品の取り扱いもあります。ビジネスサポートカードローンの概要と特長について詳しくみていきましょう。

・金利と利用限度額

実質年率は2018年2月7日時点で12.0%から18.0%(利用限度額を100万円以上で契約した場合には12.0%から15.0%)、利用限度額は1万円から300万円までとなっています。

・年収の3分の1を超える借り入れが可能

ビジネスサポートカードローンは事業性融資サービスであるため、消費者金融のカードローンですが総量規制の対象外となっています。そのため年収の3分の1を超える借入に対応しています。

アコムの借換え専用ローンのメリットとは

アコムでは他社債務をまとめて返済負担を減らすことができる専用ローンである、借換え専用ローンというサービスの取り扱いがあります。同ローンサービスのメリットや特徴について確認していきましょう。

・総量規制対象外

借換え専用ローンは通常のカードローンとは異なり、例外的に総量規制対象外のサービスとされています。そのため年収の3分の1を超える借換えにも対応可能です。

・無担保ローン

同ローンサービスは無担保ローンとなっているため、連帯保証人や担保などの用意は不要で速やかに契約ができます。

・運転免許証なしでも契約ができる

基本的には契約の際には運転免許証などの顔写真入りの本人確認書類が必要ですが、同ローンサービスは健康保険証+住民票という組み合わせでも契約ができます。

キャッシング審査の本人確認の基礎知識

キャッシングをする際審査では必ず本人確認というものを実施します。

これは最初申し込みの際に自己申告による個人情報と勤務先、他社の消費者金融などの借り入れ状況など伝えます。

これを元に融資が可能か審査を行いますが、必ず免許証や保険証、収入に関しては給料明細や源泉徴収票などを元に申告した情報が正しいかどうか照らし合わせをします。

これを本人確認の審査といいます。

その中に借り入れがしたいが為に勤務先を偽っていないどうか確かめるために消費者金融から勤務先に在籍確認と言って本当に勤務しているかどうか確かめる作業がほとんど場合あります。

借金をする事を会社に知られるのは誰しもが嫌なことと思いますが、消費者金融は電話をする際は会社名は名乗らず個人の名前で電話をしてくれますので、ほとんど場合会社に知られることはありません。

場合によっては給料明細などに会社名が記載されていれば、在籍確認がない場合も稀にありますが、申し込む際はこういった手順があることを念頭に置き申し込みをしてください。

アコムの店頭窓口やむじんくんの営業時間は?

アコムでキャッシングの申し込みをする時に店頭窓口や無人契約機のむじんくんを利用する人が多いですが、営業時間があるので即日融資を受ける時は注意する必要があります。そこでアコムの店頭窓口や無人契約機のむじんくんの営業時間を確認していきましょう。

アコムの店頭窓口はスタッフがいるので申し込みをする時に分からない点があれば質問する事が出来ます。店頭窓口の営業時間は平日の9時30分から18時までとなっていて土日祝日は休みになっています。店頭窓口で申し込んで即日融資を受ける場合は平日のみとなってしまうので注意が必要です。

またむじんくんは8時から22時までとなっていて平日だけでなく土日祝日でも営業しています。土日祝日に即日融資を受けたい時はむじんくんで申し込みをしましょう。

消費者金融と銀行系カードローンの金利差

一般的に銀行系カードローンと消費者金融では、前者の方が金利面では安いというのは常識的なところだと思います。

両者の金利の差というのはおおよその範囲でスト、上限レベルですとおおよそ4%から6%くらいは平均して差があります。

場合によっては上限金利が50万円や100万円くらいでも金利差が6%から8%くらいさが付くようなケースもありますので、

少額レベルですとかなり大きな差になってしまうようなケースがあり得るというわけです。

下限金利については借入限度額の設定にもよりますが、こちらもおおよそ2~4%くらいは差があるといっていいでしょう。

それくらい、金利面では銀行と消費者金融では差があるといっていいでしょう。

14時を過ぎた即日融資はネットバンクへの振込キャッシングへ

できるだけ早く、その日の内にお金を借りたいと言うときには、振込キャッシングが最も早く借りられます。

文字通り自分の銀行口座に振り込んでくれるタイプのキャッシングで、契約したキャッシング会社や提携ATMに行かなくても、すぐに振り込んでもらえます。

ただし、銀行にお金を振り込むには、銀行の営業時間内に申し込む必要があり、申し込んだ時間が9時前なら営業が始まる9時まで振り込まれませんし、14時を過ぎれば翌営業日に回されてしまい、即日融資は出来ません。

キャッシング会社によっては、提携しているネットバンクなら、夜中であっても即座に振込を行っているところもあります。

昼過ぎに即お金を借りたくなった時に備えるには、ネットバンクと提携していて振込キャッシングを行っているキャッシング会社と契約して、提携しているネットバンクの講座を作っておくと良いでしょう。

大手銀行のカードローンとネット銀行のカードローンの比較

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、みずほ銀行カードローンなどの大手銀行のカードローンと楽天銀行スーパーローンなどのネット銀行のカードローンがありますが、どちらを利用すればいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこで大手銀行のカードローンとネット銀行のカードローンを比較していきましょう。

大手銀行のカードローンは申込方法によって即日融資に対応してくれる事があります。早くお金を借りたい時は大手銀行のカードローンを利用するのがオススメです。またネット銀行のカードローンは申込方法がネットのみとなっています。

それでパソコンやスマホで手続きを済ませたい人はネット銀行のカードローンを利用するのがオススメです。比較してみると早くお金を借りたい時は大手銀行のカードローン、便利に手続きをしたい時はネット銀行のカードローンという結論になります。

モビットのキャッシングのメリットとは

SMBCモビットは三井住友銀行系列の金融機関ということで安心と信頼感がありますし、同社のキャッシングサービスには数々のメリットがあります。

SMBCモビットのキャッシングのメリットについて確認していきましょう。

・即日融資に対応

インターネットや自動契約コーナーから申込みを行えば最短で即日契約・即日融資が可能です。

なお三井住友銀行に設置されているローン契約機からも申込みができるので、近所に三井住友銀行があるという場合には特にメリットが大きくなっています。

・在籍確認電話なしで契約できる

SMBCモビットのキャッシングはWeb完結で契約をすることで職場への在籍確認の電話を省略して契約ができます。

職場に電話が来ることに抵抗がある人でも気軽に申込みができます。