年齢制限は貸付条件以外にもある!

キャッシングローンに於いて、貸付条件となるのは『安定した収入があること』として年齢が融資基準に該当するかです。基本的に融資対象になる最低年齢は20歳以上ですが、上限年齢は60歳、65歳、68歳など銀行や消費者金融によりそれぞれ異なります。

そのため、契約する際に自分自身の年齢に合ったキャッシングローンを選択しますが、貸付条件以外に注意する年齢制限があります。それは、完済年齢というものが設定されているケースがあり、満70歳までに完済する必要が設けられていることです。

この場合、60歳を超えてからの借り入れは、返済期間が自動的に短くなってしまうだけでなく、毎月の返済額も高額になってしまうということです。そのため、定年や退職により収入が無くなり、返済だけになってしまうと老後破産といった事態に至ってしまいます。

特に年金受給により返済出来ると思いがちですが、毎月受給を受けられる訳ではないため、定年を迎えてからの借り入れを行う場合、完済時の年齢に注意する必要があります。特に借入額が少額となるカードローンの場合、返済を先延ばしにするのではなく、余裕のある時に完済してしまうことが非常に重要となります。

高齢者でも借り入れが可能ではあるものの、返済に充てられる現金の目途が付かない場合、キャッシング契約を控えることが大切です。もし、どうしても現金が必要という場合は、生活福祉資金貸付制度により高齢者世帯(65歳の高齢者が属する)で低金利または無利子で借り入れが出来る可能性があります。

キャッシングをまとめて返済できるサービス

様々な利用ができるキャッシングは非常に便利なサービスですが、複数の業者を利用している場合、返済が大変になる場合があります。

複数の業者を利用する事は、返済する利息も多くなってしまうので、あまりオススメする方法ではありません。そんな方が少しでも楽に返済ができるようにするサービスがあります。それがおまとめローンです。

おまとめローンでは、複数の業者に散らばった借金を1つにまとめて返済することができるサービスですが、返済総額を減らすことにつながりますし、返済日を1つにすることによって、返済を忘れてしまうようなトラブルを未然に防ぐことも可能です。

このようなメリットがある、おまとめローンですが、実際に利用する場合には金利を調べた上で利用することが大切です。現在利用している業者の金利よりも低いサービスを選ばないと、逆に支払う利息が増えてしまうケースもあるのです。

そのようなことがないように低金利になっているのか、しっかりと調べて利用するようにしましょう。また気になるおまとめローンの限度額ですが、普通のキャッシングのような総量規制の対象外になっているので、安心して申し込む事が出来るのではないでしょうか。借金をまとめて返済してスッキリしましょう。

WEB完結申込を利用した方がいい理由

大手の消費者金融は自動契約機かWEB完結申込が主流になっていますが、最近ではWEB完結申込を利用する人が増えてきています。また業者側もWEB完結申込を利用して申し込みをした方がいいと勧めてきます。そこでなぜWEB完結申込を利用した方がいいのか理由を見ていく事にしましょう。

・来店不要でお金を借りる事が出来る

WEB完結申込を利用すると申し込みから借り入れまでの手続きをすべてネット上で出来てしまいます。それによりスマホを持っていればどこでも申込手続きをする事が可能なので来店不要でお金を借りる事が出来ます。自宅周辺に自動契約機が設置されていない人は特にメリットになります。

・24時間いつでも申し込む事が出来る

自動契約機は営業時間があるので時間外になってしまうと申込手続きをする事が出来ません。しかしWEB完結申込を利用すると24時間いつでも申込手続きをする事が可能なので急にお金が必要になった時でもしっかり対応する事が出来ます。

・キャッシングカードの発行が不要で自宅への郵送物が一切ない

WEB完結申込を利用すると借入方法が振込キャッシングになるのでキャッシングカードの発行が不要になります。また明細などの書類もWEBになるので自宅への郵送物も一切なくなります。それによりお金を借りているのを家族にバレてしまうリスクを軽減する事が出来ます。

おまとめローンの利用についての鉄則

おまとめローンは相対的に他のキャッシングやカードローンと比べてみても審査が厳しくなっていると言われています。それだけ利用については敷居が高いということになりますが、審査に通ることができればそれだけのメリットがあるということにほかなりません。

しかし、おまとめローンの利用で一つだけ絶対にしてはいけないのは月々の返済額を大きく減額することです。月々の返済額を減額すれば月々の返済は確かに楽になるかもしれませんが、返済が長期に渡ることになり、総返済額が増えてしまう可能性があるからです。

おまとめローンの利用時には金利は低くなっているはずですが、その金利が低くなるというこの上ないメリットを返済の長期化ということで総返済額が増えてしまうというデメリットに変化しかねないのです。

支払いできないくらいの月々の返済額にする必要はありませんが、せっかくおまとめローンを利用することができるのですから、完済を目指すためにはあまり月々の返済額の減少をするべきではありません。早く返済を済ませてしまうということは総返済額が大幅に減るということですから結局は自分を助けるということにつながることをしっかりと考えるべきでしょう。

アルバイト中の学生は就職後に再審査を受ける方が良い!

今では、アルバイトによる収入があれば、大学生でも消費者金融のカードローンを契約することが出来ます。ただし、アルバイトでの収入で利用限度額が決まってしまうため、高い融資額が期待できません。また、再審査を受けるとなると審査落ちするのではないかと不安に思いますが、返済能力がアップする就職の場合、再審査を受けるほうがメリットとなります。

契約期間中は、借り入れが可能な状態にあるため、就職による再審査をついそのままにしてしまうものの、その行為自体は信用度に応じた融資チャンスを自ら放棄していることになります。

最近では、大手消費者金融の場合、よくある質問内容として対応方法を明記しているため、大学生の方は就職した際にしっかりと自己申告するのが重要です。また、新規でキャッシング契約をする場合、勤続期間が短くなってしまい審査落ちになってしまうものの、学生時代からの契約継続と勤務先の情報変更となる場合、審査落ちといったリスクは非常に低くなっています。

実質的には、利用限度額の増額審査に近いため、確実に収入がアップしている状況かつ返済遅延などが無ければ特に問題はありません、特に新社会人の場合、キャッシング契約が難しいものの、学生時代にアルバイトによりキャッシング契約をすることは意外にメリットになります。

即日融資は時間制限に注意しましょう

キャッシングは返済能力があるとみなされなければ行なうことができません。

そのため審査を経て借り入れを行なえるかどうか決まるわけですが、そのような仕組みがあるため申し込みから審査を通過し実際に借り入れができるようになるまでには日数がかかることがあります。

どうしても事情があり即日でキャッシングを行ないたいという場合は、消費者金融を中心とした即日キャッシングを利用することにより借り入れを行なえる可能性はあります。

消費者金融からの借り入れであっても審査は必要ですが、銀行カードローンなどに比べると審査回答が早く、スピーディに対応してもらえます。

ほとんどの場合、申し込みはネットから24時間いつでも行なうことができ、無人契約機を利用することでカードをその場で受け取ることができます。ただし申し込みは24時間受け付けているとはいえ、24時間営業しているわけではないため夜遅くに申し込んでも審査は翌日からということもありえます。

即日融資を希望される方は申し込み時間に制限があるケースもあるので、なるべく早い時間に申し込みを済ませるようにしましょう。またカードを受け取るための無人契約機の場所をあらかじめ把握しておくといざというときに便利です。

アルバイトのキャッシングの注意点とは

アルバイトでもキャッシングが出来ない理由はないですし、問題なく借りることはできます。但し、あくまで返済計画がしっかりと出来ているのが条件であり、それが最低限の利用できる状態であるといえます。また、キャッシングといっても実は選択肢がいくつもあります。

目に付いたところに、というのも悪いわけではないです。実際、次の月、或いはそれよりも早く返せるのであれば法定金利内の借り入れであればそれこそ、借り入れる金額次第ではありますが大した利息にはならないです。つまりは、探している間の機会費用のほうが勿体無いこともあります。

アルバイトは不安定の収入と思われがちですが、しっかりとした収入として金融業者にも認められます。目的ローンは極めて厳しいといわざるを得ないですが、フリーローン、キャッシングに関してはアルバイトでも心配することはないです。アルバイトは勤務日数がダイレクトに給料額と連動していますから、お金が必要になることもあるでしょう。キャッシングサービスはいざという時に助かります。

金利が低く設定されている以外で銀行カードローンを利用するメリット

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されているので返済する時に負担がかからないのがメリットになります。カードローンのサービスを利用する時に金利を重視する人は銀行カードローンを選ぶ事が多いです。また金利が低く設定されている以外でも銀行カードローンを利用するとメリットになる点があるので見ていく事にしましょう。

・総量規制の対象外になっている

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。しかし銀行カードローンは総量規制の対象外になっているので消費者金融のように年収制限をされません。年収制限されない事で借り方の幅が広がるのが銀行カードローンを利用するメリットになります。

・限度額が高い

消費者金融の限度額は最大で500~800万円に設定されていますが、銀行カードローンの限度額は800~1000万円で設定されています。多額の借り入れをする時もしっかり対応してくれるのが銀行カードローンを利用するメリットになります。

・安心感がある

消費者金融は借金をするというイメージが強いので不安な部分が多いですが、銀行だと日常生活の中で利用する事が多いのでカードローンのサービスを利用してお金を借りる時も安心感があります。銀行カードローンを利用すると気持ちの面でもメリットになります。

銀行カードローンを検討する際、ただ金利だけを注目してはいけない!

銀行カードローンの魅力は、大手消費者金融のカードローンに比べ、最高金利の部分で3~4%程低い点にあります。しかし、銀行カードローンを選択する際、より金利を気にするのであれば、利用限度額毎に金利が固定されるものよりも、審査結果により金利が決定されるものを選択するのがおすすめです。

利用限度額で金利が固定される場合、少額の限度額では必然的に高い金利が適用されてしまいます。一方、金利が審査結果によって決まる場合、同じ10万円の融資額でも大きな差を生むこともあり得ます。そのため、金利により利息削減効果を狙うのであれば、審査結果で決まる方が断然お得と言えます。

また、敢えて高い利用限度額を契約する必要性もなく、無駄遣いを防止することも可能になります。敢えて利用限度額を下げて申し込みし、金利面での優遇を受ける方が大きなメリットとなります。この場合、銀行側や保証会社にとっては、低いリスクで利息により確実に収益を期待することが出来るため、審査の通過率もアップします。

高い融資額を得ても金利が高いままでは、利用するのにも計画性が必要であり、しっかりと管理しなければ高い利息を支払い続けることになります。借り入れと返済の計画が重要視されますが、よりしっかりと計画をするのであれば、申込段階からカードローンの特徴を抑えるのがおすすめです。

ファクタリングより消費者金融が良い理由とそのスピード

人々が資金を調達する手段は、実は色々あります。

もちろん消費者金融などは、よく利用されます。やはりお金を確保したい時に借りられるシステムは、とても便利です。

ところが昨今では、ファクタリングという商品が登場しています。いわゆる会社が抱える売掛金などを売却した上で、資金を調達するシステムになるのです。負債リスクが生じないメリットがありますから、昨今ではそれを検討する法人も増加傾向にあります。

ところがファクタリングというシステムには、実は致命的なデメリットがあります。資金を調達するまでに、やや時間がかかります。最近では銀行などでは、即日という点もよくアピールしているでしょう。申込みを行った日の内に、貸付が可能な会社も数多く見られます。

ところがファクタリングというシステムですと、即日は流石に難しいです。どうしても数日以上を要する傾向があります。

逆に消費者金融ならば、即日融資が大いに可能なのです。早い業者ならば、それこそ数十秒程度で手続きが完了してしまう事もあります。

つまり、それが消費者金融のメリットです。スピード重視で不安資金を調達したいなら、やはりファクタリングより賃金業者の方がおすすめと言えるでしょう。