学生でも申し込みできる楽天銀行カードローン

学生の場合、突発的にお金が必要になることが多いものの、社会人と比べてお金を調達する手段が限られているため、いざという時にお金がないという理由で困ってしまうことがあります。銀行のカードローンを契約できれば金利面でも安心ですし、借りたお金を自由に使えるので、イザという時にたいへん役立つのですが銀行のカードローンは学生の申し込みは不可となっているケースが殆んどなのです。学生でも申し込みできる銀行のカードローンは無いのでしょうか。

楽天市場などで有名な楽天グループが運営するネット銀行である、楽天銀行のカードローンならば学生でも申し込みが可能となっています。

楽天銀行カードローンはアルバイトなどをしていて安定した収入がある20歳から62歳までの人が申し込み対象となっているので、アルバイトをしている20歳以上の学生なら申し込みができるのです。

楽天銀行カードローンは、300万円までの利用限度額で申し込みをすれば収入証明書の提出は不要ですし、書類の提出はインターネットを通じてできるので、その分スピーディな契約が可能です。

金利も年4.9%から14.5%とネット銀行ならではの良心的な数値となっているので、学生でも安心して利用することができるのです。

総量規制対象外の銀行系カードローン

多重債務者や自己破産者を減らす目的で作られた総量規制という法ですが、この法ができたことによって年収の3分の1を超える借入が不可能となってしまいました。

おまとめローンを利用して、複数の業者に散らばっている借入を1社にまとめようとしても、おまとめローンの金額が年収の3分の1を超えていたり、年収を証明できる書類を持たない専業主婦などは借入が不可能となってしまったというわけななのです。

しかしこの総量規制の対象となるのは消費者金融からのキャッシングサービスなどであり、すべてのキャッシングサービスやカードローンが総量規制の対象となるわけではありません。

つまりキャッシングサービスやカードローンの申込先をきちんと確認しておくことで、年収の3分の1を超える借入も可能となりますし、専業主婦でも借り入れが可能となるのです。

総量規制対象外の対象であり、比較的申込がしやすいのがネット銀行系のカードローンになります。

例えば楽天銀行のカードローンやじぶん銀行のカードローンであれば、ネットで楽に申し込みができますし、最短で申込をした当日から借り入れをすることもできます。また借り換えやおまとめローンにも対応しているので、散らばった借入の一本化も比較的簡単にできるというわけなのです。

また楽天銀行のカードローンもじぶん銀行のカードローンも一定額以下の利用限度額で申し込みをすれば収入証明書の提出も不要になるという強みもあるので、多くの人におすすめできるカードローンと言えます。

身近になった銀行カードローン

最近では消費者金融のCMより銀行系のCMをよく目にしますが、自分も現在銀行カードローンを使ってます。以前は固いイメージがあったのですが近年総量規制の関係もあり、銀行系の方が人気が高いです。利息も全然低いので消費者金融より良いと思われます。申し込みもPCやスマホで自宅い居ながら済ませれるので便利ですね。

難点が即日融資をうたってますが、実際2~5日間掛かります。何かと審査期間も長いので即日であれば消費者金融が有利ですね。後、個人の意見ですが主婦やフリーターの方は若干審査に通りにくい感じでした。またデメリットとして総量規制対象外なので1/3以上の借り入れが可能ですので、あっという間に多重債務になるのでご注意下さい。

キャッシングの利息負担額を小さくするコツ

キャッシングを利用すると、多くの場合は利息負担を逃れることができません。借りた金額や年率によって支払うべき利息は異なりますが、できるだけ利息負担を小さくする為のコツをいくつか紹介します。

最も効果的なのは、できるだけ年率が低いキャッシングを利用する方法です。この方法ならキャッシングの利用期間を通して利息負担を小さく抑えられるので、長期的な利用を予定している場合にお勧めです。

ただし、キャッシングの利用期間が長くなると総返済額は少し大きくなってしまうので注意は必要です。低金利のキャッシングを利用する場合でも、できるだけ返済回数を減らせるように家計のやりくりをし、繰り上げ返済を活用して利息負担額を少なく抑えるようにしましょう。

また、短期間の利用を予定しているなら無利息期間のあるキャッシングを利用する方法が効果的です。キャッシング会社によっては、借り入れからしばらくの間の利息が無料になるサービスを行っています。もともと短期間で返済する予定の方なら、上手に返済期間が無利息期間内に収まるようなキャッシングを利用すれば、利息を一切負担せずにお金を借りることも不可能ではありません。

キャッシング会社の無利息期間は様々です。7日程度の短いものから、30日という比較的長い無利息期間が用意されているキャッシング会社もあります。他にも、利用条件を満たすことができれば最大で180日まで無利息で利用できるキャッシング会社も存在します。各社の無利息期間をきちんと調べてしっかりと返済計画を立ててからお金を借りると、最もお得なキャッシングのコツです。

⇒無利息サービスもある消費者金融
アコム無人機でその日のうちに借りる!
http://www.sydneydemocracyinitiative.net/

低金利で利用しやすい楽天ローン

楽天ローンは、日本最大級のネットバンクである楽天銀行が行っているサービスです。

楽天銀行のカードローンサービスは、年4.9%~14.5%と安心の低金利設定となっていますので、利用しやすくなっています。最大限度額も500万円と幅広い利用が可能となっていますので、おまとめローンにも最適です。安定した収入のある満20歳以上の方であれば利用できます。パートの主婦やアルバイトの学生でも利用可能となっています。

楽天ローンの手続きは、ネットから24時間いつでも申し込むことができます。楽天銀行の口座を持っていなくても、口座開設不要で申し込めるので安心です。必要な書類は、証明書類送付アプリですぐに送信することができますので、手間がありません。最短で即日融資も可能となっています。2014年8月より限度額300万円まで収入証明書の提出が不要になりましたので、より利用しやすくなっています。

利用はパソコン、携帯、コンビニATMで24時間いつでも手軽に借入・返済できますので、すぐにお金が必要な時でも安心です。

アコムで借りた最大の理由が即日融資を受けることができたから

私は、現在アコムから借り入れをしております。アコムを選んだ理由としましては、近所にアコムがあったからというのと、最大の理由が即日融資を受けることができたからです。

借入をした当時、私はどうしても即金が必要な要件があり、まいっておりました。そんな最中、近所を散歩している時に見つけたのがアコムです。アコムから借り入れして、大変良かったのは、冒頭にも述べたように、即日融資を受けることができたことです。

また、アコムは審査が通った後、借入をしても家に不要な書類等が届かない為、家族にばれることもなく借入をできるところも利点の一つであると感じています。

最近では、専用無人ATMに行かずとも、コンビニのATMで借入もできるので、羞恥心もなく普通のクレジットカードと同様に使用できるようになり、消費者金融が身近なものになってきていると感じております。

返済に関しても、自分で返済期間を定めることができるので、給料日後に返済日を設定することで、返済が滞ることもなくスムーズに返済できております。
そこも、消費者の都合に合わせてくれており、借入しやすい理由の一つであると感じております。

このようにアコムを利用した結果、融通の効くお金回しができるようになり、以前より心に余裕ができたように感じております。

借入限度額を増額申込みする方法

お金を借りたい時、貸してくれる側の金融会社はその人の属性と信用情報を調査します。それは「審査」と言われる手続きの中で進められていきますが、時には借入れ自体を断られてしまうこともあるのです。審査に通ってもその上でその人の返済能力に見合った借入限度額を設定するため、希望額の借入れができない場合もあります。

消費者金融で借入れをする場合、初回の借入限度額の相場は一般的に10~50万円といわれています。30万円を希望していても実際には10万円しか借りられなかったということも良くあることです。

それでもずっと10万円までしか借入れができない?と聞かれれば、答えはNOで、増額申込みによって現在よりも多くのお金を借りられる可能性はあります。ただし、契約後6か月ほどの期間が必要となっているようです。更に増額申込みには審査が必要になります。借入れと返済を定期的に繰り返している場合は、増額してもらえる可能性が高くなると言われています。

反対に返済の延滞がある、他社での借入がある場合には、増額が認められてもそれ程大きな金額にならない可能性もあります。

増額の手続きは会社によって違い、会員ページから申請ができる場合、コールセンターに電話が必要な場合があるので、確認をする必要があります。

年齢制限にひっかかるケースがある

キャッシングを利用するのは学生でも多くなってきたと思います。学生も十分お金を借りることができる時代になりましたが、学生の場合はキャッシングの利用に年齢制限がつくことがあります。

年齢制限といっても、通常の学生であれば、まずそれにひっかかることはないのですが、場合によってはひっかかることもあるので、是非注意してください。

学生で年齢制限にひっかかるというのは、35歳前後くらいとされています。この年齢で学生をやっている人はそう多くはないでしょう。大学などはある程度年齢が上がってからも通う人はいますが、それも少数だと思います。

年齢制限を設けているキャッシングの会社はそう多くはありませんけど、一般的に見て学生の年齢ではないのに、学生をやっていることについての不信感というか、本当に信用できるのか?と疑う会社があるのも事実です。

学生でもアルバイトなどで収入があれば、一応借りられることが多いのですが、そういったちょっと年齢的に常識を外れている人の場合は、貸してもらえない可能性もあるということを認識しておいたほうが良いでしょう。

全部が全部そうじゃないので、会社を選べば貸してくれるところはあると思うので、心配する必要はないと思いますけど。

アルバイトの方がキャッシングを利用する際に気をつけること

アルバイトをしている方でお金を借りたいという方もいらっしゃると思います。アルバイトでキャッシングが利用できるのかと考える方もいると思いますが、最近ではアルバイトの方もお金が借りれるサービスを提供しているところが増えています。

大手の消費者金融などですとキャッシングが利用できる可能性は高いでしょう。キャッシングの審査では保証人などは特に必要はありませんが、注意するべきことがあります。

消費者金融は審査でこの人には返済能力があるのかどうかということを判断します。そのため、収入が非常に低かったり、アルバイトの継続期間が短かったりすると審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまうのです。

今後お金を借りようと考えている方はアルバイトを転々としたりせずに、一ヶ所で長期間働くように日ごろから心掛けておくべきでしょう。もちろん返済が出来るかどうかも考えて、計画性も持って消費者金融のキャッシングを利用するようにしましょう。

キャッシングの限度額の考え方

お金を借りる際にとても気になる項目して「いくらかりられるのか?」という限度額の問題が1つにあると思います。

今必要な金額を満たすためには、その限度額の範囲にあるのか?足りない場合には何社に分けてかりなければいけないかなどを考慮しなければならなくなりますよね。

そのような限度額はどのように考えていけばよいでしょうか。

お金を借りるにあたって借り入れ審査がされます。借り入れ審査は申し込みの情報に基づいてなされます。ですので、借り入れ限度額はこの審査にかかる項目についてはしっかり情報開示すべきです。

次に、限度額をたくさん得たいならば、まずは銀行のカードローンから借り入れをすることです。手取り額20万円程度あれば100万円の枠が得られることが多いようです。このように限度額が多い分、借り入れのための審査は厳しくなります。同じ手取り額でも勤務先・勤続年数等で場合によっては融資がまったくおりないこともあります。

次に消費者金融からの借り入れです。審査は銀行のローンほど厳しくはないのですが、50万の枠を超えて借りることは最初の審査では大変難しいでしょう。他社の借り入れもあるような場合には、40万・30万と他社は信用情報を把握しながら下げてくるでしょう。

しかし、取引が1年以上続いて収入証明等を提出することで、返済能力について「信用がついた状態」になると、限度額の引き上げの案内が消費者金融から電話で営業されることが多くあるようです。