在籍確認のないセブン銀行カードローン

カードローンを申し込む時、一番困ることは職場への在籍確認の電話連絡です。もし借金が同僚や上司にばれたらと思うと、申込を躊躇してしまいます。そのような方は在籍確認の電話連絡のないカードローンを選べばいいのです。例えばセブン銀行カードローンなら、社員証や収入証明書を提出することなく、最初から在籍確認がありません。しかし問題がないわけではありません。なぜなら本当に働いているか調べない分、その他の項目でより慎重に審査を行うからです。つまり他のカードローンよりも審査がやや厳しいとの口コミがあるのです。

それは審査時間に現れています。セブン銀行カードローンの審査時間は最短10分です。10分でまともな審査なんてできるわけないと思われるかもしれませんが、逆に基準を高めに設定することにより、属性に不安のある方はすぐにふるいにかけられ落とされるわけです。またセブン銀行カードローンの限度額は50万円まで、金利も一律で年15%と、銀行カードローンとしては低スペックなので、慎重に貸し出していることが分かります。

このようにセブン銀行カードローンは、在籍確認の電話連絡がないことで有名なカードローンです。その分審査がやや厳しめで、融資限度額も低いのですが、セブン銀行のATMがいつでも手数料無料で使える利便性もあります。

今キャッシングは簡単にできるけど、返済の計画が大切。

引っ越す際の初期費用でお金を借りました。

貯金もなく、毎月ギリギリで、引っ越す際の費用がなかったのですが、事情があり、引っ越さなければならなかったので、カードローンで30万円程借りました。

その後も、月々の支払いに追われ、生活できなくなるとカードローン、キャッシングをして、なんとかギリギリで生活をしています。

助かったのは、本当にギリギリで生活費もなく、それでも支払いに追われて困ったときにキャッシングやカードローンだと簡単にできたので本当に助かりました。

ただ、当たり前ですがその分の支払いが翌月や翌々月に来るので、日々切り詰めて生活をしなくてはいけないですし、遊びに行くのも、必要な物を買うときですら躊躇してしまって、借金があるという後ろめたさが常にありました。

親や兄弟、誰にも借金があることは話せませんでした。

でも借金しないと生活できないほどの給料しかないので、仕方ないですね。

キャッシングもカードローンも利用せず生きていけるなら、それにこしたことはないと思います。

ただ、本当に困ったときだけ。本当に切羽詰まった時に少しだけ。その気持ちで利用するなら大丈夫だと思います。

ちゃんと返せる自信のない人は利用しない方がいいと思います。

スピーディに自動契約機でキャッシングの契約

対面でキャッシングを契約するのが不安がある、恥ずかしくて行けないという人はどうしたら良いでしょうか。ネットからもキャッシングの契約をすることはできますし、家にいる状態でキャッシングの申込みから借入まで全てを済ませることもできます。ですがが、時間帯によっては即日融資可能な業者でもその日に借入することはできません。

またキャッシング用のカードは後日自宅に郵送で届きますので、郵便物を受け取るのは避けたいという人には向いていません。できるだけ早くにキャッシングを利用したいけれど、窓口での契約はしたくないという人にはネット申込みよりも自動契約機の契約です。

まず近くにある自動契約機のある店舗に行く必要はありますが、画面に向かって手続きをするだけなので対面での契約が苦手だという人に向いています。審査に通過して無事契約ができたら、その場でキャッシング用のカードが発行されます。

そのままATMを利用してお金を借入できますので、申し込みから借入までの流れもスピーディです。自動契約機は営業時間も長いため、平日の仕事が終ったあとしか行くことができないという人でも契約することができます。銀行振り込みでの融資では15時以降の契約では早くても翌日以降しか借入できませんが、自動契約機なら15時過ぎに契約が終った場合でもその日のうちに借入できます。

キャッシングの返済は利息分だけでも問題ないのか?

キャッシングを考えている方の中には、借りたお金を一括で返済できない方が多くなります。例えば今月は少し生活費が足りない時などにはキャッシングを利用したくなりますが、この時に5万円借りた場合には返済日に5万円返せる方の方が珍しくなります。

なので通常は複数回に分けて返済していくのですが、この時にポイントになるのが利息になります。

基本的にキャッシングしたお金には利息をつけて返済するようになっていて、この利息分が消費者金融などの利益になります。したがって借りたお金には必ず利息が発生するのですが、一般的に返済と言う物は最低限利息だけを払えば次の返済日まで期日が伸びるようになっています。

なのでどうしてもお金に余裕がない場合には利息分だけでの返済でも問題ありませんし、むしろその方が消費者金融側のメリットが大きくなりますのである意味では歓迎される返済方法になります。

ただし、この利息分の返済と言う物はあくまでも一時しのぎになっています。と言うのも一般的な消費者金融などでは利息を上回る額の返済がされた時に元金が減るようになっています。したがって利息だけを返済し続けていると、いつまで経っても元金が減らないままになってしまいます。

キャッシングの申し込みで行われる本人確認

キャッシングでは、本人確認を行ってから融資をする決まりになっています。

考えればわかりますが、どこの誰だかわからない人にはお金を貸すことは怖くてできません。また、融資を行った後に返済してもらうことができるのかの確認も必要になるので、本人確認は必ず行うことになります。

確認する方法として、電話を会社に入れることで、本当に働いているのか確認していく方法が存在しています。この方法は在籍確認といって、働いている会社に直に電話がかかってきますが、金融業者名を名乗ることはないので安心です。

他にも、本人確認として審査に申し込みをおこなうときに、必要な書類を提出していくことになります。

運転免許や保険証などの書類を提出することで、確実に本人だと証明できることになり、審査にも通りやすくなるのです。キャッシングを利用したい事情を持っている人は、書類を用意しておくとよいでしょう。

これらの方法で本人確認を行っていくことになりますが、お金を借りたいからといって他人の運転免許や保険証を借りる行為はやめるようにしましょう。他人の名義でお金を借りようと思っても、審査には通りにくくなりますし、トラブルを誘発するだけになってしまいます。

年齢制限は貸付条件以外にもある!

キャッシングローンに於いて、貸付条件となるのは『安定した収入があること』として年齢が融資基準に該当するかです。基本的に融資対象になる最低年齢は20歳以上ですが、上限年齢は60歳、65歳、68歳など銀行や消費者金融によりそれぞれ異なります。

そのため、契約する際に自分自身の年齢に合ったキャッシングローンを選択しますが、貸付条件以外に注意する年齢制限があります。それは、完済年齢というものが設定されているケースがあり、満70歳までに完済する必要が設けられていることです。

この場合、60歳を超えてからの借り入れは、返済期間が自動的に短くなってしまうだけでなく、毎月の返済額も高額になってしまうということです。そのため、定年や退職により収入が無くなり、返済だけになってしまうと老後破産といった事態に至ってしまいます。

特に年金受給により返済出来ると思いがちですが、毎月受給を受けられる訳ではないため、定年を迎えてからの借り入れを行う場合、完済時の年齢に注意する必要があります。特に借入額が少額となるカードローンの場合、返済を先延ばしにするのではなく、余裕のある時に完済してしまうことが非常に重要となります。

高齢者でも借り入れが可能ではあるものの、返済に充てられる現金の目途が付かない場合、キャッシング契約を控えることが大切です。もし、どうしても現金が必要という場合は、生活福祉資金貸付制度により高齢者世帯(65歳の高齢者が属する)で低金利または無利子で借り入れが出来る可能性があります。

キャッシングをまとめて返済できるサービス

様々な利用ができるキャッシングは非常に便利なサービスですが、複数の業者を利用している場合、返済が大変になる場合があります。

複数の業者を利用する事は、返済する利息も多くなってしまうので、あまりオススメする方法ではありません。そんな方が少しでも楽に返済ができるようにするサービスがあります。それがおまとめローンです。

おまとめローンでは、複数の業者に散らばった借金を1つにまとめて返済することができるサービスですが、返済総額を減らすことにつながりますし、返済日を1つにすることによって、返済を忘れてしまうようなトラブルを未然に防ぐことも可能です。

このようなメリットがある、おまとめローンですが、実際に利用する場合には金利を調べた上で利用することが大切です。現在利用している業者の金利よりも低いサービスを選ばないと、逆に支払う利息が増えてしまうケースもあるのです。

そのようなことがないように低金利になっているのか、しっかりと調べて利用するようにしましょう。また気になるおまとめローンの限度額ですが、普通のキャッシングのような総量規制の対象外になっているので、安心して申し込む事が出来るのではないでしょうか。借金をまとめて返済してスッキリしましょう。

WEB完結申込を利用した方がいい理由

大手の消費者金融は自動契約機かWEB完結申込が主流になっていますが、最近ではWEB完結申込を利用する人が増えてきています。また業者側もWEB完結申込を利用して申し込みをした方がいいと勧めてきます。そこでなぜWEB完結申込を利用した方がいいのか理由を見ていく事にしましょう。

・来店不要でお金を借りる事が出来る

WEB完結申込を利用すると申し込みから借り入れまでの手続きをすべてネット上で出来てしまいます。それによりスマホを持っていればどこでも申込手続きをする事が可能なので来店不要でお金を借りる事が出来ます。自宅周辺に自動契約機が設置されていない人は特にメリットになります。

・24時間いつでも申し込む事が出来る

自動契約機は営業時間があるので時間外になってしまうと申込手続きをする事が出来ません。しかしWEB完結申込を利用すると24時間いつでも申込手続きをする事が可能なので急にお金が必要になった時でもしっかり対応する事が出来ます。

・キャッシングカードの発行が不要で自宅への郵送物が一切ない

WEB完結申込を利用すると借入方法が振込キャッシングになるのでキャッシングカードの発行が不要になります。また明細などの書類もWEBになるので自宅への郵送物も一切なくなります。それによりお金を借りているのを家族にバレてしまうリスクを軽減する事が出来ます。

おまとめローンの利用についての鉄則

おまとめローンは相対的に他のキャッシングやカードローンと比べてみても審査が厳しくなっていると言われています。それだけ利用については敷居が高いということになりますが、審査に通ることができればそれだけのメリットがあるということにほかなりません。

しかし、おまとめローンの利用で一つだけ絶対にしてはいけないのは月々の返済額を大きく減額することです。月々の返済額を減額すれば月々の返済は確かに楽になるかもしれませんが、返済が長期に渡ることになり、総返済額が増えてしまう可能性があるからです。

おまとめローンの利用時には金利は低くなっているはずですが、その金利が低くなるというこの上ないメリットを返済の長期化ということで総返済額が増えてしまうというデメリットに変化しかねないのです。

支払いできないくらいの月々の返済額にする必要はありませんが、せっかくおまとめローンを利用することができるのですから、完済を目指すためにはあまり月々の返済額の減少をするべきではありません。早く返済を済ませてしまうということは総返済額が大幅に減るということですから結局は自分を助けるということにつながることをしっかりと考えるべきでしょう。

アルバイト中の学生は就職後に再審査を受ける方が良い!

今では、アルバイトによる収入があれば、大学生でも消費者金融のカードローンを契約することが出来ます。ただし、アルバイトでの収入で利用限度額が決まってしまうため、高い融資額が期待できません。また、再審査を受けるとなると審査落ちするのではないかと不安に思いますが、返済能力がアップする就職の場合、再審査を受けるほうがメリットとなります。

契約期間中は、借り入れが可能な状態にあるため、就職による再審査をついそのままにしてしまうものの、その行為自体は信用度に応じた融資チャンスを自ら放棄していることになります。

最近では、大手消費者金融の場合、よくある質問内容として対応方法を明記しているため、大学生の方は就職した際にしっかりと自己申告するのが重要です。また、新規でキャッシング契約をする場合、勤続期間が短くなってしまい審査落ちになってしまうものの、学生時代からの契約継続と勤務先の情報変更となる場合、審査落ちといったリスクは非常に低くなっています。

実質的には、利用限度額の増額審査に近いため、確実に収入がアップしている状況かつ返済遅延などが無ければ特に問題はありません、特に新社会人の場合、キャッシング契約が難しいものの、学生時代にアルバイトによりキャッシング契約をすることは意外にメリットになります。