銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い

銀行と大手の消費者金融は同じようにカードローンのサービスを提供しています。同じカードローンですが、両者のカードローンにはかなり大きな違いがあることを知っておきましょう。

銀行と消費者金融のカードローンのもっとも大きな違いはやはり総量規制の対象であるかどうかということになるでしょう。銀行は総量規制の対象外ですが、消費者金融は総量規制の対象となっています。つまり、銀行は貸付の限度額が法律による規制を受けていないのですが、消費者金融では法律によって年収の三分の一までという貸付の限度額がしっかりと設定されているということを意味しています。

このことから銀行カードローンの方が利用するのに適していると考えがちですが、審査の厳しさが銀行カードローンの方が消費者金融カードローンよりも厳しいことを考えると一概に銀行カードローンの方が有利であるとは言えません。

その他にも金利が銀行カードローンの方が低めの設定であることや無利息期間サービスは消費者金融カードローンに特有のサービスであることなどが違っていますが、銀行カードローンの審査に通るというならば、金利が低く総量規制の対象外である銀行カードローンの方を優先することが合理的でしょう。

お金を借りたいとき、新しいところでキャッシングを検討していいのか?

キャッシングをするときに、当たらにほかの消費者金融からお金を借りた方がいいのかと思うこともあるかもしれません。

現在使っているところでは、借入限度額いっぱいまで借りているとお金に困ったときには本当にどうにかしたくても難しいものです。

ですが、新たに借り入れをしなければならないのかというのはちょっと待ってほしいです。

なぜなら、借り入れ件数を増やすといろいろと大変だからです。

借り入れ件数があると、まずは管理面で面倒が多くなります。 複数業者の借り入れを管理しないといけませんから

情報管理の漏れがあったりすると延滞などのリスクもあるから面倒なのです。

また、複数の借り入れをすることで、より借金が増えますから債務整理のリスクなどの懸念もあります。

借り入れはできる限り新規にはせず、なるべく今使っているところで利用することをお勧めします。

おまとめローンをお得に利用するには

多重債務に陥った時、頭を悩ませる事といえば、月に何度も来る返済日です。そんな返済日を月に1日にまとめるだけでなく、月々の返済額も無理のない金額に変えていくことができるサービスが、おまとめローンです。おまとめローンを利用すれば、返済に関する悩みが軽減することになります。しかし、利用の仕方によっては損をしてしまうことがあるので、注意が必要です。

得をしたいのであれば、現在よりも金利が下がる業者を選ぶことが大切です。それによって、支払う利息が少なくなる可能性が出てきます。ただ、金利自体は低くても、今よりも長い期間をかけて返済をすることになれば、支払う利息が多くなる可能性があります。その為、少しでもお得におまとめローンを利用したいのであれば、最終的に支払う利息が少なくなるかどうかを確認しておくことが大切です。

そして、もう一つ確認しておきたいのが、手数料や保証料等の費用です。手数料や保証料がかかるかどうかは、業者によって異なります。かかってもほんの僅かという業者もあれば、借入金額によっては意外と高額な保証料が必要になる業者もあります。その為、お得におまとめローンを利用したいのであれば、手数料や保証料について、事前に確認しておくことが大切です。

三井住友銀行のローン契約機よりプロミスの自動契約機で申し込む方がいい2つの理由

スマホの普及によりプロミスもネットで申し込みをする事が出来るようになっていますが、キャッシングカードを発行してもらって早くお金を借りたい時はプロミスの自動契約か三井住友銀行のローン契約機で申し込む事になります。

どちらで申し込むかは自分で選択する事が出来ますが、実際に悩んでしまう人も少なくないでしょう。そこでプロミスの自動契約機と三井住友銀行のローン契約機のどちらで申し込む方がいいのか比較してみる事にしましょう。

プロミスの自動契約機と三井住友銀行のローン契約機は共に営業時間があります。プロミスの自動契約機の営業時間は9~22時までになっていて三井住友銀行のローン契約機の営業時間は9~21時までになっています。プロミスの自動契約機の方が1時間ほど営業時間が長いので仕事などで遅くなった時はプロミスの自動契約機で申し込む方がいいです。

プロミスの自動契約機は完全個室になっているので誰かに見られてしまう事はありませんしオペレーターとの会話が漏れてしまう事もありません。しかし三井住友銀行のローン契約機はパーテーションで仕切られているだけなのでオペレーターとの会話が漏れてしまう可能性があります。プライバシーを考えるとプロミスの自動契約機で申し込みをした方がいいです。

キャッシングを利用する学生が増えている

キャッシングの利用人口は着実に増えており、これは学生も例外ではありません。学生になると想像以上にお金が必要になることが多いですし、高校生を除く20歳以上で収入のある学生はローンを利用することができます。20歳からローンを利用しておくことは、将来におけるローン実績・信用力を得ることにつながります。計画的に利用するのであれば、ローンを利用する年齢は若ければ若いほどよいのです。

学生が安心してキャッシングを利用するには、限度枠は10万円を超えて増やさないようにしましょう。多くの金融機関は学生に対して10万円以下での借入を推奨しており、限度枠は最高10万円と決めているところもあります。ローンの使い勝手に慣れるためにも、10万円以内という金額は妥当でしょう。

キャッシングでは限度額いくらまで借りられる?

お金がなくて困っている時に役立つのが、業者からお金を借りられるキャッシング。

ですが当然いくらでも借りられるわけではなく、限度額というものが決められています。

まず総量規制という、法律で決められた限度額があります。

これは貸し付けた総額が、年収の1/3を超えてはいけないというものです。

例えば年収300万のAさんが金融会社Bに70万借りるのは大丈夫ですが、Bに追加で50万借りたり、別の金融会社Cから40万借りたりは出来ません。

この法律もあって、金融業界ではある程度顧客の情報が共有されています。

また、キャッシングが初めてだから総量規制も問題ないし、審査が通れば総量規制ギリギリまで借りられるかと言えばそうでもありません。

返済能力が充分ありそうだと判断されれば審査が通りますが、ちゃんと返済してくれるかという信用がないため、最初の限度額は低くなります。

大体の場合、その業者で最初に借りる際の限度額は10~20万程度で、それ以上借りたいなら増額申請が必要です。

それには当然信用が必要なので、増額申請が通るのは、限度額まで借りていたけど、返済はしっかり毎月行っている、という人だけになります。

そういった人なら審査が通れば限度額が上がりますが、それでもやはり一気に総量規制までとはいかず、数十万ずつ段階的に上がっていく形になります。

専業主婦が借りられる唯一のカードローン

主に消費者金融が加盟する日本貸金業協会によると、カードローン利用の男女比率は8対2で男性が多いです。つまり女性はたった2割しかいないことになります。これは消費者金融や信販会社のカードローンの利用者の統計だけに、専業主婦の方が借りられないためにこのような極端な数字になったと考えられます。

専業主婦は2010年の貸金業法改正以来、消費者金融や信販会社のカードローンを利用できなくなっているのです。大手消費者金融ではレディースキャッシングを用意していますが、利用できるのは働く女性に限られていることに御注意下さい。

専業主婦が唯一借りられるのは銀行カードローンです。配偶者の同意や収入証明書の提出は不要ですが、配偶者に収入があることが条件となります。ここで心配なことは、配偶者の働く職場へ在籍確認の電話があるのでは?ということです。答えはNOで、配偶者の働く職場へ在籍確認の電話をかける金融機関はありません。

その分融資限度額が10~30万円程度と低めに設定されます。もちろん申し込んだ本人へのスマホ等には、本人確認の電話は入ります。別に自宅の電話を登録しても構いませんが、配偶者にばれる可能性があるので本人のスマホにしておきましょう。

その際お金の使い道を聞かれることもありますが、パチンコに使う等とギャンブルに使うと答えなければ大丈夫です。素直に生活費の補填と答えればOKです。

カードローンの一括返済は注意する必要がある!フリーローンはより注意が必要!

銀行や消費者金融のカードローンは、いつでも自由に借り入れが出来るだけでなく、任意で追加返済や繰り上げ返済を行うことが出来ます。特に余裕のある月やボーナス月に纏めて返済をする方が、返済期間が短くなるだけでなく、総返済額も大幅に減額出来ます。結果として、年利14.5%前後または18%だとしても、実質的な年率は下がります。

ですが、任意返済や繰り上げ返済を行う場合、注意する必要があります。予め返済予定日がいつになるのかを伝え、その時点での利息プラス元本を確認する必要があります。もし、少しでも足りなかった場合は利息が発生してしまうだけでなく、口座引落の場合だと引き落し不能になりかねません。

また、口座からの引き落しではなく、指定口座への振込になるなどといった可能性があり、振込手数料が発生してしまいます。もし、振込手数料を抑えたいのであれば、インターネットバンキングを利用し、手数料が無料になる様に対策が重要です。

また、口座開設に時間が掛かる場合は、あらかじめ振込手数料より利息が安くなることを考慮し、任意返済を行い、引き落としで返済になる分を最低返済額に調整するなどという方法もあります。

ですが、フリーローンの場合はより注意が必要であり、一括での返済が出来ないものがあります。任意ないしは追加返済の場合、元本の50%までの金額に設定されるなど、利息がカードローンより割高になる可能性があります。申し込みをする際は、任意返済時の制限が無いものを選ぶのがポイントです。

30万円を借り入れ、ボーナスで全額返済出来たとしても、15万円分の利息を1ヶ月無駄に支払うというのは、損をしているとしか言えません。

急に現金が必要になった。そんな時には思い切ってキャッシング!

急に現金が必要になり、そのとき自分の手元にはお金がない。人に助けを求めるのもなかなか気が引けるものです。それがきっかけで人間関係が崩壊してしまうということもあります。お金の貸し借りというのはそれぐらいシビアに考えないといけません。

そんなときはいっそのことキャッシングサービスを利用するというのも1つの手です。私は大手の業者でキャッシングサービスを利用したのですが、全く時間もストレスもかけることなく現金を手にすることができました。大手の業者であれば、貸し出し専用の無人のボックスがあり、そこで審査から貸し出しまで全てすますことができます。

時間にすれば一時間くらいのものでした。しかも、田舎でなければ、あらゆるところにキャッシングサービスをしてくれるそのようなボックスが配備されていますので、借りる場所が無くて困るということもあまりないと思います。私は出張先の徳島で、急に現金が必要になりました。

そして時間もあまりないという絶望的な状況に追い込まれていました。しかし、大手の業者のおかげでその危機を乗り越えることができました。ただ、あまりにも簡単にキャッシングができるせいで、借金のハードルが下がってしまうので注意が必要です。

幅広い層から利用されているキャッシング

銀行や消費者金融から提供されているキャッシングサービスを利用すると、私たちは自分の都合に合わせてお金を借りることができます。キャッシングで借りたお金には、住宅ローンやカーローンと違い、決まった使用目的は付けられていませなので私たちは借りたお金を自由に使うことができます。

キャッシングは自由に使えるお金の少ないひと達か主に使っているというイメージが強いそうですが、実際はそうでもないようです。あるアンケートによりますと、年収が1000万円以上もあるひと達のなかで30%以上の方がキャッシングの利用経験があるということです。

キャッシングは年収に関係なく幅広いひと達が利用しているサービスのようです。幅広いと言えば、消費者金融系のキャッシングサービスはアルバイトですとかパートタイムの仕事をされている主婦の方でも申し込みができます。キャッシングに申し込みをすると審査が行われますが、審査では申し込みをした方の返済能力が調査されることになります。

この調査によってアルバイトやパートタイムの仕事をされている方であっても、安定した収入があり返済能力があると審査されるとキャッシングの利用が認められることになります。キャッシングが幅広い層の人々から利用されているというのは、消費者金融系キャッシングの役割も大きいのだと思われます。