アルバイトのキャッシングの注意点とは

アルバイトでもキャッシングが出来ない理由はないですし、問題なく借りることはできます。但し、あくまで返済計画がしっかりと出来ているのが条件であり、それが最低限の利用できる状態であるといえます。また、キャッシングといっても実は選択肢がいくつもあります。

目に付いたところに、というのも悪いわけではないです。実際、次の月、或いはそれよりも早く返せるのであれば法定金利内の借り入れであればそれこそ、借り入れる金額次第ではありますが大した利息にはならないです。つまりは、探している間の機会費用のほうが勿体無いこともあります。

アルバイトは不安定の収入と思われがちですが、しっかりとした収入として金融業者にも認められます。目的ローンは極めて厳しいといわざるを得ないですが、フリーローン、キャッシングに関してはアルバイトでも心配することはないです。アルバイトは勤務日数がダイレクトに給料額と連動していますから、お金が必要になることもあるでしょう。キャッシングサービスはいざという時に助かります。

金利が低く設定されている以外で銀行カードローンを利用するメリット

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されているので返済する時に負担がかからないのがメリットになります。カードローンのサービスを利用する時に金利を重視する人は銀行カードローンを選ぶ事が多いです。また金利が低く設定されている以外でも銀行カードローンを利用するとメリットになる点があるので見ていく事にしましょう。

・総量規制の対象外になっている

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。しかし銀行カードローンは総量規制の対象外になっているので消費者金融のように年収制限をされません。年収制限されない事で借り方の幅が広がるのが銀行カードローンを利用するメリットになります。

・限度額が高い

消費者金融の限度額は最大で500~800万円に設定されていますが、銀行カードローンの限度額は800~1000万円で設定されています。多額の借り入れをする時もしっかり対応してくれるのが銀行カードローンを利用するメリットになります。

・安心感がある

消費者金融は借金をするというイメージが強いので不安な部分が多いですが、銀行だと日常生活の中で利用する事が多いのでカードローンのサービスを利用してお金を借りる時も安心感があります。銀行カードローンを利用すると気持ちの面でもメリットになります。

銀行カードローンを検討する際、ただ金利だけを注目してはいけない!

銀行カードローンの魅力は、大手消費者金融のカードローンに比べ、最高金利の部分で3~4%程低い点にあります。しかし、銀行カードローンを選択する際、より金利を気にするのであれば、利用限度額毎に金利が固定されるものよりも、審査結果により金利が決定されるものを選択するのがおすすめです。

利用限度額で金利が固定される場合、少額の限度額では必然的に高い金利が適用されてしまいます。一方、金利が審査結果によって決まる場合、同じ10万円の融資額でも大きな差を生むこともあり得ます。そのため、金利により利息削減効果を狙うのであれば、審査結果で決まる方が断然お得と言えます。

また、敢えて高い利用限度額を契約する必要性もなく、無駄遣いを防止することも可能になります。敢えて利用限度額を下げて申し込みし、金利面での優遇を受ける方が大きなメリットとなります。この場合、銀行側や保証会社にとっては、低いリスクで利息により確実に収益を期待することが出来るため、審査の通過率もアップします。

高い融資額を得ても金利が高いままでは、利用するのにも計画性が必要であり、しっかりと管理しなければ高い利息を支払い続けることになります。借り入れと返済の計画が重要視されますが、よりしっかりと計画をするのであれば、申込段階からカードローンの特徴を抑えるのがおすすめです。

ファクタリングより消費者金融が良い理由とそのスピード

人々が資金を調達する手段は、実は色々あります。

もちろん消費者金融などは、よく利用されます。やはりお金を確保したい時に借りられるシステムは、とても便利です。

ところが昨今では、ファクタリングという商品が登場しています。いわゆる会社が抱える売掛金などを売却した上で、資金を調達するシステムになるのです。負債リスクが生じないメリットがありますから、昨今ではそれを検討する法人も増加傾向にあります。

ところがファクタリングというシステムには、実は致命的なデメリットがあります。資金を調達するまでに、やや時間がかかります。最近では銀行などでは、即日という点もよくアピールしているでしょう。申込みを行った日の内に、貸付が可能な会社も数多く見られます。

ところがファクタリングというシステムですと、即日は流石に難しいです。どうしても数日以上を要する傾向があります。

逆に消費者金融ならば、即日融資が大いに可能なのです。早い業者ならば、それこそ数十秒程度で手続きが完了してしまう事もあります。

つまり、それが消費者金融のメリットです。スピード重視で不安資金を調達したいなら、やはりファクタリングより賃金業者の方がおすすめと言えるでしょう。

アルバイトがキャッシング業者を選ぶ時に確認しておきたいポイント

アルバイトで働いていると生活費が不足する事が多くなるのでキャッシングを検討する人も少なくないでしょう。キャッシングをする時はアルバイトでも利用可能な消費者金融を利用する事になりますが、業者を選ぶ時に確認しておきたいポイントがあるので見ていく事にしましょう。

・無利息サービスがある業者を選ぶ

消費者金融は業者によって初めて利用する人を対象に無利息サービスが適用されます。無利息サービスが適用されるとサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来るので返済する時の負担が軽減されます。特にアルバイトがキャッシングをする時は出来るだけリスクを取り除きたいので無利息サービスがある業者を選ぶようにしましょう。

・上限金利の設定は必ず確認する

アルバイトがキャッシングをする時は借り入れが少額なので上限金利が適用されます。消費者金融の上限金利は基本的に18%に設定されていますが、中には低めに設定されている業者もあります。複数の業者の上限金利を比較して一番低く設定されている業者を選ぶようにしましょう。

・Web完結申込が可能な業者を選ぶ

アルバイトが店頭窓口や自動契約機に行く時に周囲を気にしてしまうのでWeb完結申込が可能な業者を選ぶ方がいいです。Web完結申込が可能だとすべての手続きがネット上で完結するので来店不要でキャッシングをする事が出来ます。

キャッシングとの違いは分割返済の有無

借りる商品は、色々と種類があります。それで、たまに商品に関する混乱が生じる事もあるのです。

例えばキャッシングなどは、借りる商品の代表格と言えます。時には賃金業者などに着目する事もあるでしょう。

そのタイプの商品は、原則として一括払いになります。小刻みに返していく分割ではなく、翌月に一気に返していく商品になります。

ところで、それによく似た商品にカードローンがあります。どちらも借りる商品ですから、混同してしまう事もあるでしょう。

カード商品でも、一気に返す事は可能です。返済期間を大幅に短くできるメリットはありますが、あまり月額負担が大きいと困る事もあるでしょう。

カードでは小刻みに返していく事も可能なのです。返済トータル額が12万ならば、毎月1万ずつ返すといった具合です。もちろん毎月負担が少なければ、それだけ楽になる可能性はあるでしょう。

ただし小刻みに返していく事は、それだけ返済期間が短くなるデメリットはあります。長期化してしまうと、それだけ借りる時のトータル額が大きくなり、かえって負担が増大してしまう傾向があります。

当然それは望まない事でありません。それゆえに状況に応じて一気に返していく事が、カード商品のコツの1つになるでしょう。

アコムとプロミスは融資スピードと利便性を兼ね揃えている

消費者金融にキャッシングを申し込む時はなるべく早く手続きを済ませたいところです。そのため融資スピードと利便性を兼ね揃えた業者が最近人気となっています。消費者金融で融資スピードと利便性を兼ね揃えた業者と言えばアコムとプロミスです。アコムとプロミスは共に無人契約機での申し込みが有名ですがそれだけではないのです。

アコムもプロミスもインターネットでの申し込みが可能になっていてWeb完結で申し込む事が出来ます。そのため店舗や無人契約機に行く必要がなくなるので特に自宅近くに店舗や無人契約機がないという人にはすごく助かります。アコムもプロミスもホームページから申し込む方法なのでパソコンかスマートフォンで申し込む形になります。

自宅にいる時はパソコン、外出している時はスマートフォンを利用する事が出来るので場所を選ばないで申し込む事が可能です。そのため忙しくて時間があまり取れないという人でも申し込めてしまうので利便性に優れていると言えるでしょう。

ホームページから申し込む方法でも即日融資に対応しているのでその日のうちにお金を借りる事が出来ます。借入方法は振込キャッシングでホームページから融資の依頼をすれば指定の口座に振り込んでもらえます。そのため最近では無人契約機よりホームページから申し込む人が増えてきています。

学生でも申し込みできる楽天銀行カードローン

学生の場合、突発的にお金が必要になることが多いものの、社会人と比べてお金を調達する手段が限られているため、いざという時にお金がないという理由で困ってしまうことがあります。銀行のカードローンを契約できれば金利面でも安心ですし、借りたお金を自由に使えるので、イザという時にたいへん役立つのですが銀行のカードローンは学生の申し込みは不可となっているケースが殆んどなのです。学生でも申し込みできる銀行のカードローンは無いのでしょうか。

楽天市場などで有名な楽天グループが運営するネット銀行である、楽天銀行のカードローンならば学生でも申し込みが可能となっています。

楽天銀行カードローンはアルバイトなどをしていて安定した収入がある20歳から62歳までの人が申し込み対象となっているので、アルバイトをしている20歳以上の学生なら申し込みができるのです。

楽天銀行カードローンは、300万円までの利用限度額で申し込みをすれば収入証明書の提出は不要ですし、書類の提出はインターネットを通じてできるので、その分スピーディな契約が可能です。

金利も年4.9%から14.5%とネット銀行ならではの良心的な数値となっているので、学生でも安心して利用することができるのです。

総量規制対象外の銀行系カードローン

多重債務者や自己破産者を減らす目的で作られた総量規制という法ですが、この法ができたことによって年収の3分の1を超える借入が不可能となってしまいました。

おまとめローンを利用して、複数の業者に散らばっている借入を1社にまとめようとしても、おまとめローンの金額が年収の3分の1を超えていたり、年収を証明できる書類を持たない専業主婦などは借入が不可能となってしまったというわけななのです。

しかしこの総量規制の対象となるのは消費者金融からのキャッシングサービスなどであり、すべてのキャッシングサービスやカードローンが総量規制の対象となるわけではありません。

つまりキャッシングサービスやカードローンの申込先をきちんと確認しておくことで、年収の3分の1を超える借入も可能となりますし、専業主婦でも借り入れが可能となるのです。

総量規制対象外の対象であり、比較的申込がしやすいのがネット銀行系のカードローンになります。

例えば楽天銀行のカードローンやじぶん銀行のカードローンであれば、ネットで楽に申し込みができますし、最短で申込をした当日から借り入れをすることもできます。また借り換えやおまとめローンにも対応しているので、散らばった借入の一本化も比較的簡単にできるというわけなのです。

また楽天銀行のカードローンもじぶん銀行のカードローンも一定額以下の利用限度額で申し込みをすれば収入証明書の提出も不要になるという強みもあるので、多くの人におすすめできるカードローンと言えます。

身近になった銀行カードローン

最近では消費者金融のCMより銀行系のCMをよく目にしますが、自分も現在銀行カードローンを使ってます。以前は固いイメージがあったのですが近年総量規制の関係もあり、銀行系の方が人気が高いです。利息も全然低いので消費者金融より良いと思われます。申し込みもPCやスマホで自宅い居ながら済ませれるので便利ですね。

難点が即日融資をうたってますが、実際2~5日間掛かります。何かと審査期間も長いので即日であれば消費者金融が有利ですね。後、個人の意見ですが主婦やフリーターの方は若干審査に通りにくい感じでした。またデメリットとして総量規制対象外なので1/3以上の借り入れが可能ですので、あっという間に多重債務になるのでご注意下さい。